病院のご案内 - 人と人とのつながり、患者様と心がかよいあうことが医療の基礎

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟の 受入方針

日常生活動作の向上及び早期家庭復帰を目的に集中的なリハビリテーションを受けることが出来る病棟です。
各専門職がチームを組み、患者さん個々の治療計画を作成し、実生活での自立を目指したリハビリテーションを行います。

回復期リハビリテーション病棟への入院対象となる方

対象疾患 発症又は術後 入院可能期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、脳腫瘍、くも膜下出血のシャント術後、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症等 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重度脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 2ヶ月以内 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折又は術後 2ヶ月以内 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有している状態 2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節の神経、筋又は靱帯損傷 発症後1ヶ月以内 60日

退院時期

疾患によって退院時期は決まっていますが、病状により異なります。

各専門職

専門職 内容
医 師 医学的な治療や管理を行います。治療方針や退院時期などについて説明を行います。
看護師・助手 病状を常に観察し適切な看護、介護、処置を行い全身状態の把握をします。
他職種と連携して、日常生活動作及び復帰に向けた動作回復の支援を行います。
リハビリ 身体、高次脳機能(記憶、注意力など)を評価し、計画を立てて効果的な練習を行います。
理学療法士(PT):主に寝返り、歩行などの基本動作の練習を行います。
作業療法士(OT):主に排泄、更衣などの日常生活動作と家事動作の練習を行います。
言語聴覚士(ST):主に失語症、構音障害、嚥下障害に対する練習を行います。
相談員 患者さんやご家族の方が抱えている不安や社会生活上の問題(経済面や社会復帰の事など)の様々な相談に応じます。必要に応じて施設の紹介も行います。
栄養士 入院中の栄養管理、必要に応じて栄養指導を行います。
薬剤師 入院中、退院後の薬について説明を行います。