一番の治療は人と人とのふれあいだと思っています - 豊岡中央病院

みなさんへのメッセージ

人とのつながりと、様々な問題に率先して取り組む医療チームとして

後藤 英司さん(病棟勤務)

[院長]後藤 英司

当院は「常に病める人と共にあれ」の精神を基本理念とし、 職員全員が地域の皆様の健康を願い、 高度で安全な医療を提供したいと日々研鑽しております。 そのためには、社会的な視点、対患者様とのケアの視点、そして未来への視点という、 柔軟かつ多角的な視点が必要だと考えております。 また、「人」という視点が一番大事です。 患者様はもちろんのこと、私達職員の充実を追求することが、結局は地域や患者様の充実にもつながると考えます。

また、当院では看護師一人ひとりのキャリアアップを支援し、優秀な看護師を育成することに注力しています。 学生実習指導や新人教育などを通じて、 お互いが成長していける職場です。そうして生まれた、 向上心あふれ心優しく誠実な看護師が職場の雰囲気をつくり、その職場環境が新たな人材を育てていきます。

人は一人ではそれほど強くはありませんから、 スタッフそれぞれの充実、そしてチームワークを強化することで、 結果すべてのことに対していい影響をもたらすと考えております。 ですから、就職を希望されている方に自身を持って言いたい。「安心して自信をもって当医院へ来てください」と。

共にいい病院、地域を作っていきましょう。 お待ちしております。

看護部長からのメッセージ

安友 洋子さん(病棟勤務)

「常に病める人と共にあれ」
法人の願いに則った看護の実践

[看護部長] 安友 洋子

豊岡中央病院では、何よりも安全で、かつ安心して医療を受けることのできる質の高い看護の提供を目指しています。 そのためには、 看護師一人ひとりが豊かな人間性と高度な知識、技術を備えていることが欠かせません。 私たち看護師は、患者さんの意思、存在を尊重し、 心と心のつながりを大切に、 法人施設時からの願いである「常に病める人と共にあれ」に則った看護の実践を目指したいと考えています。

具体的には、いつも患者さんの目線に立って物事を考えているか、 患者さんにとって最善の医療が選択できるようにかかわっているか、 そういったことを常に自分自身に問いかけながら日々の看護にあたっています。 患者さんやご家族から高い評価をいただくこともありますが、 これに満足することなく、更なる向上を目指して努力したいと思っています。

また、当院では看護師一人ひとりのキャリアアップを支援し、優秀な看護師を育成することに注力しています。 学生実習指導や新人教育などを通じて、 お互いが成長していける職場です。そうして生まれた、 向上心あふれ心優しく誠実な看護師が職場の雰囲気をつくり、その職場環境が新たな人材を育てていきます。

患者さんやご家族に「この病院を選んでよかった」と 思っていただけるような病院を目指していきたいと思います。

先輩看護師の声

飛田 育代さん(病棟勤務)

地域医療に貢献する喜びを一緒に!

[看護師]飛田 育代(病棟勤務)

私が所属している病棟には毎年複数名の新人さんが所属されますが、必ず先輩ナースがプリセプターとして関わり、 年間計画に沿って指導します。新人さんは慣れない業務や環境で不安に思っていることが多いと思いますし、 病棟は複数の診療科が混在していて毎日手術があり、忙しい日々です。 ですが、少しでも新人さんに慣れてもらえるよう、 病棟スタッフ全員でサポートしていく体制が整っています。

私も新人さんの相談に乗ることがありますが、それも私自身の学びとなっています。 一緒にスキルアップしながら、地域医療に貢献する喜びを分かち合いましょう。 みなさんと共に働けるのを楽しみにしています。