一番の治療は人と人とのふれあいだと思っています - 豊岡中央病院

小児科

大切なお子様が健康な毎日を送るために

豊岡中央病院の小児科 小児科では慢性疾患のケア、成長発達相談、健診や予防接種を中心に診療を行っています。

慢性疾患のケアでは糖尿病、甲状腺疾患や成長障害の治療から低身長、高身長、肥満ややせなど成長のトラブル、 このボツボツはなに?足が曲がっているみたいといったからだのトラブル。そして歩き始めるのが遅い、 言葉が遅いといった発達の心配まで相談に応じています。どうぞお気軽に受診してください。

外来担当医表

午前 休診 休診 休診 休診 伊藤 伊藤
午後 休診

成長と健康をサポート

心身の発育・発達段階にある小児・思春期の内分泌疾患は、成人になってからの生活に大きく影響する場合が非常に多く、適切な予防や生活改善または治療が必要です。


成長の異常(肥満、やせ、低身長、高身長)

標準的な身長・体重
男児 横断的標準身長・体重曲線(0-24ヶ月)
横断的標準身長・体重曲線(0-6歳)
横断的標準身長・体重曲線(0-18歳)
女児 横断的標準身長・体重曲線(0-24ヶ月)
横断的標準身長・体重曲線(0-6歳)
横断的標準身長・体重曲線(0-18歳)
肥満度
男児 幼児用 肥満度判定曲線(身長 70~120cm)
学童用 肥満度判定曲線(身長101~184cm)
女児 幼児用 肥満度判定曲線(身長 70~120cm)
学童用 肥満度判定曲線(身長101~184cm)

思春期の時期の異常(早発症、遅発症)

年齢の目安
早発症 男児 ・8歳以下で陰茎、精巣の発育
・9歳以下で陰毛の発生
・10歳以下で腋毛、ひげの発生、変声
遅発症 女児 ・6歳以下で乳房の発育
・7歳以下で陰毛、腋毛の発生、小陰唇色素沈着などの外陰部早熟
・8歳以下で初潮